農協観光

文字サイズ

農福連携による障がい者雇用支援事業

ノウフクとは・・・

全国でひろがりをみせる「農業」と「福祉」の連携は、地域の課題解決方法のひとつとして注目されています。
働く場としての農業と、働き手としての障がい者をつなぐこと。
そこから多様性に富んだ地域コミュニティを生み出し、日本の食・経済・暮らしを元気にしていきます。

当社が提供するサービス

理念「私たちは国内農業の発展と共生社会の実現を目指します」

障がい者就労のサービス

企業・団体の皆さまに農福連携による障がい者就労のサービスを提供します。

採用を代行

農業で働きたい、適性の
ある障がい者の採用を代行します。

作業委託を斡旋

JA組合員の農家からの
作業委託を斡旋します。

シェアオフィスと移動用車両

企業の障がい者社員が通勤する事業所(農福ポート)を提供します。

労務管理支援と育成支援

労務管理支援と育成支援を行ないます。

それぞれのメリット

農業の現場

農業の現場

  • 労働力を安定確保できます。
  • 直接雇用と比べて手間・コストを低減
    できます。
  • 健常者のサポーターが障がい者への
    指示・対応を行いますので安心です。

障がい者

障がい者

  • 国民の食を支える「農業」を担います。
  • 自然の中で健康的に働く「農業」に従事します。
  • 安定した企業・団体に就職できます。

企業・団体

企業・団体

  • SDGsの達成につながる取組です。
  • 求人から業務の切出しまで、障がい者
    雇用の課題解決を支援します。
  • 法定雇用率を達成し、企業の社会的責任を果たすことができます。

当社が考える、
農業 × 福祉 × 企業による
障がい者雇用支援事業

当社が考える、農業 × 福祉 × 企業による農業労働力創出事業

農業で働く意欲・適性のある障がい者を当社が企業にご紹介。
企業に雇用された障がい者は、農福ポートに勤務し、
サポーターの指示を受けながら委託された農作業に従事します。


よくある質問

企業 Q&A

Q 採用代行の内容はどういうものですか?
A 就業意欲があり、農作業に適性のある障がい者を当社がリクルートします。具体的には、就労移行支援事業所や特別支援学校などと連携して候補の方に農作業実習を受けていただき適性を見定め、その後企業・団体におつなぎします。
Q 健常者のサポーター社員も採用代行してくれるのですか?
A 原則として、サポーターは企業・団体により従前から雇用されている社員となります。農業知識や障がい者の対応知識の習得について当社がお手伝いします。また、企業・団体で従業員の方が見つからない場合、当社も農業・障がい者対応経験者等、リクルートのお手伝いや農業・障がい者対応の研修を受けた派遣社員を有している派遣会社をご紹介します。
Q 法定雇用率にカウントされますか?
A 企業・団体による直接雇用であるため、法定雇用率のカウントとなります。
Q 雇用する障がい者の人数は決まっているのですか?
A 障がい者3名、健常者1名の1ユニットを基本としています。
Q 農福ポートとはどのようなものですか?
A 企業・団体の障がい者社員と健常者社員が通勤し、農作業の準備や、昼食休憩を取る場所です。地域のJA(農業協同組合)施設
などに設置し、そこから農作業の現場へ移動します。農福ポートで出荷調整などの作業を行うこともあります。
Q 農福ポートで提供されるサービスとはどのようなものですか?
A 3種のサービスから構成されます。まず一つ目は、事務所のスペース、業務に必要な基本的な器具・備品、電気・ガス・水道・通信回線などの基本インフラ、最寄駅からの送迎用の車両・燃料といった「ハード」系。二つ目は、企業・団体による従業員の
就労管理・育成・定着のための総合的な支援といった「ソフト」系。三つ目は、農作業を中心とした業務の斡旋です。

農業者 Q&A

Q 障がいのある方が農業をできるのでしょうか?
A 一般的に、複雑な仕事には向いておりませんが、特に軽度な知的障がい者は単純な作業に集中して取組むことの得意な方が多く
います。作業を分解するなど工夫を加え、明確な指示を伝えることで、正確で丁寧な仕事を行い期待に応えます。
Q 障がいのある方とどのように接すれば良いかわからず不安なのですが。
A 農業者の方が直接、障がい者に指示する事はございません。
サポーターが農業者の方の指示通りに障がい者に作業支援などを行い、作業がスムーズに進むよう現場の支援を行います。
Q 農作業の受委託は企業・団体と農業者の方が契約するのですか?
A 契約の中心を成すのは企業・団体と農業者の方ですが、JAと当社も後方支援の役割を担い、連名のかたちで契約者となります。

障がい者 福祉事業所 Q&A

Q 一般就労先はどのような環境にありますか?
A 比較的大規模な企業や地元を代表する企業に直接雇用して頂きますので、安定的な収入を得て自立した生活を送ることが可能となります。また、農作業の仕事が心身の健康増進にもつながり、手厚いサポートを受けながら共に働くチーム制となりますので、長く
働ける環境にあります。
Q 障がい者の採用活動や職場定着はどのように行うのですか?
A 就労移行支援事業所や特別支援学校などと連携し、就労を希望する障がい者に農作業を体験して頂き、ご本人の特性・得意・不得意分野を考慮して企業へ紹介致します。企業採用後はサポーターがおりますので、職場定着を支援しながら対応致します。
Q 障がい者社員はどのような農作業を行うのですか?
A 農作業は、地域によって、農家によって違いがありますが、主なものに「播種・植え付け」「収穫」「出荷調整」「草取り」
「掃除・片付け」などがあります。

【お問合せ先】

株式会社 農協観光 農業人財活用事業部 農福連携・労働力応援事業課

TEL03-5297-0300 (受付時間9:00~17:30/平日のみ)

〒101-8613 東京都千代田区外神田1-16-8Nツアービル2F