農協観光

文字サイズ
お問い合わせ
地域向けソリューションイメージ

地域向けソリューションの流れ(イメージ)

グリーンツーリズム基礎講座

グリーンツーリズムに関する基礎的な知識を学び地域が目指す方向を確認します。

グリーンツーリズムは数ある地域活性化策の中の一つの有効な手段です。地域の特徴や課題を共有した上で、「食」や「農」、「交流」といったキーワードをポイントにした事例紹介や訪問者ニーズをお伝えします。
また、情報発信の手法や旅行会社との連携方法まで学びます。

地域資源を活用したプラン造成研修

ワークショップを通じて、地域の仲間とともに目標と課題を共有し考えます。

地域資源の確認・掘り起しから始め、目標と課題そしてプログラム化した地域資源を共有した上で、ワークショップ(グループワーク)を行います。テーマやねらい、訪問者ターゲット、訴求ポイント等を意識し、造成するだけでなく、実際に販売するための具体的な検討をします。

ツアー・イベントの実施

実践の場で、訪問者と接することでニーズを知り、現場力を磨く。

ツアーやイベントの実施は集客することから始まります。情報発信先や発信方法を検討し実施に繋げます。
また実施までに必要な確認事項、案内方法、当日必要な準備や対応方法まで含めてアドバイスさせて頂きます。

参加者の声・アンケートの分析

参加者の声・ニーズを聞き取り、次に繋げる。

参加者からアンケートや聞き取りを行い、ニーズを把握し、今後の改善事項や方向性を検討します。

報告と提案

一連のプロセスをとりまとめ、次のステップに向けたご提案をします。

グリーンツーリズムの取組は一過性のものではなく、地域の皆さまが目的を共有しながら築き上げていくものと考えます。訪問者を意識した地域資源プログラムの方向性、情報発信の手法、観光関係者との連携方法など、次のステップに向けたご提案をさせて頂きます。

過去の実績(一例)

【受託事業】 ○ふれあい田んぼ教室 平成15年度~平成20年度 農林水産省事業
○教育ファーム 平成20年度 農林水産省事業
○わくわく畑教室 平成20年度 農林水産省事業
○広域連携支援事業 平成20年度 農林水産省事業
○子ども農山漁村交流プロジェクト対策事業
(周年化モデル構築事業)
平成21年度 農林水産省事業
○JA全農クラブ 平成14年度~平成16年度 JA全農事業
○JA全農・農業体験ツアー 平成17年度~ JA全農事業
○被災農山漁村ふるさと応援対策(宮城区域) 平成23年度 農林水産省事業
○なかの里・まち連携事業推進業務 平成24年度~ 東京都中野区
○国産農畜産物・食農連携強化対策
(フードチェーン食育活動推進事業)
平成26年度 農林水産省事業
○都市農村共生・対流総合対策
(広域ネットワーク推進対策・観光と連携した
グリーン・ツーリズムの推進)
平成26年度〜平成27年度 農林水産省事業
【講演・研修】 ○JA全中(JA都市農村交流全国協議会)
平成23年度
JAらしい体験プログラムの作成手法
○長野県グリーンツーリズム協議会 平成24年度 観光と連携した農村資源の商品化に向けて
○ホスピタリティツーリズム専門学校 平成24年度~平成26年度 地域資源を活用したグリーンツーリズム企画の造成と販売
○千葉県 君津市農業農村活性化協議会 平成25年度~平成26年度 体験プログラム開発研究会
○茨城県 平成25年度 農業等体験着地型プラン 造成から販売の流れについて
○農林水産省 都市農村共生・対流総合対策 平成26年度 観光と連携したグリーンツーリズムの推進 (全3回) 
○埼玉県 平成26年度 観光農業に係る顧客獲得の取組について
○栃木県 栃木市都市農村交流促進協議会 平成26年度 グリーンツーリズム基礎講座・プラン造成研修会(全3回)
○広島県 世羅高原6次産業ネットワーク 平成27年度 グリーンツーリズム基礎講座・プラン造成研修会
○アセアン 能力開発強化プログラム 平成27年度 グリーンツーリズムに関する日本の事例と経験
【調査事業】 ○JAグリーン・ツーリズム事業受入状況調査

平成20年度

(財)都市農山漁村交流活性化機構との共同事業
○JA食農教育・都市農村交流
実践マニュアル・事例集作成
平成20年度 全国農業協同組合中央会・
(社)全国農協観光協会との共同事業
○都市農村交流が結ぶ新たな絆
 ~JA食農教育の実践とノウハウ~
平成23年度 全国農業協同組合中央会・
(社)全国農協観光協会との共同事業
○JA交流事業モデルJAプロジェクト
 実践事例集
平成25年度 全国農業協同組合中央会・
(社)全国農協観光協会との共同事業